BROOKLYN MACHINE WORKS / GANGSTA v4

あの〈BROOKLYN MACHINE WORKS(ブルックリンマシンワークス)〉が再始動。
人気のシングルスピードバイク、『GANGSTA』の最新モデルがリリースされました。

カスタムメイドの家具職人、ジョー・アベディシアン(Joe Avedisian)は、NY・ブルックリンの工房で、趣味のMTBレースの為のパーツを製作していました。
フレーム作りにまで製作の幅を広げ、1994年、初のオリジナルバイク「Park Bike」が誕生。
翌、1995年にはBMXを製作。
1996年、ジョーの幼なじみである、Beastie Boysのアダム・ヤウク(MCA)の協力の元、〈BROOKLYN MACHINE WORKS〉を創立しました。

MADE IN NEW YORKの強靭なBMX/MTBは、Futura、Stashなど、NYストリートシーンのキーパーソンたちの間で瞬く間に人気に。
1998年には、〈シュプリーム(Supreme)〉とのコラボレーションによる、24インチBMXもリリースされました。

十分なタイヤクリアランスがあり、自由なセッティングが可能なのがBMWの魅力。
フロント26/リア24のMTBや、ウルトラ・ハイスペックなダウンヒルバイクなど、独創的なモデルも多数リリースされています。

現在ではJAY-ZやBeyonce、Kanye Westなどのトップアーティストも愛用者。
ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、同社の共同経営者としても知られています。

BMX/MTBを中心に、強靭なフレームを作り出してきた〈BROOKLYN MACHINE WORKS〉から、初の700cサイズのシングルスピードバイクとして発表された、『GANGSTA』。
創業者/オーナー/デザイナー・Joeの、「夜、飲み屋に気軽に乗っていけるバイクを作りたい」という思いから誕生した、いかにもBROOKLYNらしいバイクです。

GANGSTAにも、強度重視の設計コンセプトは受け継がれており、固定ギアでピストとして、フリーギアで気軽に走れるクルーザーとしての他、シクロクロスやトラックロクロスなどのレース仕様など、セッティング次第で幅広い楽しみ方が可能です。

各部をリファインした、シリーズ4代目となる「GANGSTA V4」。 リヤタイヤの幅を30c前後まで入るようにチェーンステイクリアランスなどを変更。
シートポストも一般的に様々なアフターマーケットパーツが多いφ27.2へと細部が改良されてます。

Vブレーキ台座はボルトが外せるリムーバブル仕様。
ブレーキを使わないシチュエーションでは、ブレーキだけなく台座も取り外して、クリーンなルックスを手にいれることができます。

今回、Candyrimに入荷したのは、BROOKLYNオリジナルパーツを多用した完成車。

ステムは、アルミのインゴットから高い精度で削り出された「Flat Rat Stem」。
ストリートで主流になりつつある31.8mmサイズのハンドルバーに対応しています。

ヘッドパーツはGANGSTA V4と同時に発表された「Integrated Headset」。
27.2mmのシートポストもロゴ入りのオリジナルです。

BROOKLYN MACHINE WORKS / GANGSTA v4 - Trans Black

189,000円(税込)

商品ページへ →

BROOKLYN MACHINE WORKS / GANGSTA v4 - Neon Orange

178,200円(税込)

商品ページへ →

BROOKLYN MACHINE WORKS / GANGSTA v4 - Black

178,200円(税込)

BRANDS

CATEGORIES